関東やその周辺地域でインプラント治療が受けられるクリニックをご紹介します。

menu

関東のインプラント治療情報【歯科クリニックサーチ】

骨が少ない人にも可能なインプラント治療法「GBR法」

骨の量が少ない人、薄い人はインプラント治療を断られる可能性があります。
しかし、最近ではこうした骨の少ない人でもインプラント治療が可能な治療法がいくつか登場してきています。
今回はその中の1つ、GBR法についてご紹介いたします。

GBR法は、歯を支える顎にある骨「歯槽骨」を再生促進させる治療法です。
骨が少なくインプラント治療を断られてしまった方の多くは、この歯槽骨が不足していることから断られているケースが多いです。
歯槽骨が少ない状態で無理にインプラント治療を行なってしまうと、インプラントが骨と密着しきれずに露出してしまう、インプラントがしっかり固定せずにすぐ外れてしまうなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。
GBR法ではその足りない骨組織を修復、再生させることでインプラント治療を可能にさせていく治療なのです。

基本的に人工骨、自家骨などを移植することで骨の再生を促したり、人工膜を被せ骨の再生を待つ治療法が行なわれます。
骨が不足していてもインプラント治療が安定して行なえ、前歯の治療ではより自然にインプラントを埋入することができたりするメリットがあります。
ただし、骨の再生を待つ期間が必要なので、通常のインプラント治療よりも期間が長引いてしまいます。
骨再生までの期間は状態や必要な骨の高さなどによって大きく変わります。早くても3ヶ月〜6ヶ月、長いと1年程度必要になることもあります。
また、GBR法を加えることでその分の費用もかかります。GBR法の相場は大体20万円程度で自由診療になることが殆どです。
GBR法を考える時は費用面でもどの程度かかるのか確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930