関東やその周辺地域でインプラント治療が受けられるクリニックをご紹介します。

menu

関東のインプラント治療情報【歯科クリニックサーチ】

タバコを吸い続けることで起こる病気と言えば、肺がんや気管支炎、心筋梗塞などが挙がりますが、実はタバコで歯が抜けるというほど口の中の健康にも大きな影響を与えているのです。

今では歯を失う大きな原因として歯周病が挙げられるのですが、タバコはその歯周病と密接な関係があることが分かってきています。
歯周病は歯茎に炎症を起こす病気で、進行すると歯を支える骨が無くなってしまい、最終的に歯が抜けてしまいます。

タバコを吸っていると歯の表面にタールが付着し、歯の表面をザラザラにしてしまいます。
そうするとその歯は歯周病の最大の原因であるプラークが付着しやすい状態になってしまうのです。
また、歯周病の症状の一つである歯茎からの出血が、タバコのニコチンによって血管が収縮してしまい分かりにくくなってしまいます。
すると歯周病の発見が遅くなり、気付いた時には既に重症化していることも少なくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031