関東やその周辺地域でインプラント治療が受けられるクリニックをご紹介します。

menu

関東のインプラント治療情報【歯科クリニックサーチ】

親知らずは基本歯の一番奥に生えてきます。
多くの方が親知らずは抜かなければならないものとして聞くことが多いと思いますが、その理由の第一として噛み合わせが悪くなるということが挙げられます。
親知らずが生えるのは本来歯がいらない位置になりますので、人によっては噛む時に歯茎に歯があたってしまい痛みを感じることもあります。

また親知らずは真っ直ぐ生えてくるものもありますが、多くが横向きに埋まって生えてきてしまっており、この生え方をしている親知らずは更に良くないです。
というのも歯ブラシが届きにくい、更に横向きになっていることでシワが出来てしまい、歯と歯の隙間にばい菌が溜まりやすくなってしまい、虫歯の可能性が高まってしまいます。

しかし親知らず以外の歯がどこか虫歯になって抜歯の必要が出てきた場合、抜歯後に親知らずをその場所に移植することが可能ですので、親知らずを残しておいた方が良いことも稀にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031