関東やその周辺地域でインプラント治療が受けられるクリニックをご紹介します。

menu

関東のインプラント治療情報【歯科クリニックサーチ】

タバコは肺がんや心筋梗塞等を引き起こす原因にもなるということは、多くの方がご存知だと思います。
しかし、実はそれだけでなく、歯が抜ける原因の歯周病とも大きな関係があるのです。

歯周病になる一番の原因が、歯周病菌や虫歯菌が固まって出来たプラークです。
タバコを吸っていると、タールが歯の表面に付着し、プラークがより一層付きやすくなってしまいます。
また、歯周病の症状には歯茎からの出血がありますが、タバコに含まれているニコチンは血行を悪化しまう効果があるため、出血しなかったり腫れなかったりしてしまいます。
すると歯周病の発見が遅くなってしまい、気付いた時には重症化していることも珍しくありません。
更にタバコによって免疫力が低下していると、本来なら予防出来たはずの歯周病まで発症してしまったり、治療後の傷口が塞ぎにくくなってしまうこともあります。

そして非喫煙者の方でも、受動喫煙で歯周病のリスクは上がってしまうのも覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031